失敗しない餃子の焼き方

【教えてもらう前と後|失敗しない餃子の焼き方の作り方レシピ】
2019年1月22日放送の「教えてもらう前と後」でプロが教える「失敗しない餃子の焼き方」の作り方を教えてくれました。

とても美味しそうに誰でも簡単にきれいな餃子が焼けたので、教えてもらう前と後で紹介された「失敗しない餃子の焼き方」の作り方を忘れないようにメモしておきます。



    目次

  • 教えてもらう前と後 失敗しない餃子の焼き方の作り方レシピ
  • 教えてもらう前と後 失敗しない餃子の焼き方の材料
  • 教えてもらう前と後 失敗しない餃子の焼き方の作り方

教えてもらう前と後 失敗しない餃子の焼き方のレシピ

Sponsored Link


教えてもらう前と後 失敗しない餃子の焼き方の材料

冷凍餃子 適量
熱湯 適量
油 多め

教えてもらう前と後 失敗しない餃子の焼き方の作り方

  1. 初めにフライパンを軽く温め火を止めてから多めの油をフライパンに注ぎ入れます。
  2. そこへ餃子を並べ入れ餃子の底に油をしっかりとつけるようにする。
  3. 餃子は少し隙間を開けて並べるのがポイント。
  4. 餃子を並べ終えたらお湯を加えヒダの部分にかかるくらい多めに注ぎ入れる。
  5. (お水ではなく熱湯を加えることでフライパンの温度が下がらず、お店で出てくるようなパリッとした蒸し焼きにすることができます。)
  6. 熱湯を注いだら中火より少し強めの火加減にしフタをして蒸し焼きにする。
  7. 焼きムラを防ぐため1分おきにフライパンを回す。
  8. 餃子の縁の部分が茶色くなってきたら、フタを取り水分を飛ばすように焼き上げる。
  9. フライパンにお皿をかぶせ、フライパンを立てて余分な油を捨てフライパンをひっくり返しお皿に盛りつけて完成。

まとめ

餃子は太りやすいイメージがありますが、実は栄養バランスが整っている食べ物。

餡の豚肉には疲労回復に役立つビタミンB1が含まれているほか、キャベツや白菜にはむくみや血圧を下げるカリウム、ニラやニンニクには血液改善効果のアリシンが含まれます。 

そんな体に良い成分の含まれている餃子をプロが教えてくれた焼き方で是非作ってみてください。

冷凍餃子 人気ランキング

第3位
餃子計画 冷凍 生餃子

餃子計画 冷凍 生餃子 50個入 要冷凍 特製生ギョーザ

餃子計画 冷凍 生餃子 50個入 要冷凍 特製生ギョーザ

1,035円(10/15 20:57時点)
Amazonの情報を掲載しています

コストコやネット通販で大人気の餃子。1パック50個入りと大容量なので、一度にたくさん食べてしまうご家族が多い家庭におすすめです。皮はもちもちとした食感で、野菜メインのしつこくないジューシーさがジュワと広がります。


第2位
大阪王将 羽根つき餃子
大阪王将羽根つき餃子 12個入(314g) 20袋

大阪王将羽根つき餃子 12個入(314g) 20袋

6,580円(10/15 20:57時点)
Amazonの情報を掲載しています

大阪王将の餃子を家で簡単に再現できる一品です。水も油も使わずフライパンに並べるだけで、簡単プロの味に。パリッパリッの羽根は感動ものです!「もち種馬鈴薯澱粉」を配合することで冷めにくい工夫までされ、できたて熱々をより長く楽しめます。


第1位
味の素 ギョーザ

【冷凍】 味の素 ギョーザ (12個入) X6袋

【冷凍】 味の素 ギョーザ (12個入) X6袋

3,800円(10/15 20:57時点)
Amazonの情報を掲載しています

売上日本一を誇る味の素の「ギョーザ」です。パリッとした軽い食感でクセがなく、大人から子供まで食べやすい王道の味。水・油なしでパリッと仕上がるのはもちろん、焼き餃子でも水餃子でも美味しく食べれます。