【おかずのクッキング|醤油味のフライドチキンの作り方レシピ】
2019年12月21日放送の「おかずのクッキング」で土井善晴さんが「醤油味のフライドチキン」の作り方を教えてくれました。

とても美味しそうだったので、おかずのクッキングで紹介された「醤油味のフライドチキン」の作り方を忘れないようにメモしておきます。



    目次

  • おかずのクッキング 醤油味のフライドチキンの作り方レシピ
  • おかずのクッキング 醤油味のフライドチキンの材料
  • おかずのクッキング 醤油味のフライドチキンの作り方

おかずのクッキング 醤油味のフライドチキンのレシピ

Sponsored Link


おかずのクッキング 醤油味のフライドチキンの材料

  • 片栗粉 適量
  • 揚げ油 2カップ
  • 骨付き鶏もも肉 3~4本(1本180g~300g)
  • 漬け汁の分量

  • 醤油 1/4カップ
  • 酒 1/4カップ
  • 皮つきニンニク 1片

おかずのクッキング 醤油味のフライドチキンの作り方

  1. ジッパー付きの保存袋に骨付き鶏もも肉を入れ、醤油 1/4カップ、酒 1/4カップ、ニンニクは皮ごと加え 空気を抜くようにし口を閉じ冷凍庫で1昼夜置いておく。
  2. 一晩漬けた鶏もも肉を取り出し、表面に付いた漬けダレをキッチンペーパーで軽く拭き取ります。
  3. 火の通りを良くするため、骨に沿って しっかりと切込みを入れる。
  4. 片栗粉を鶏もも肉 全体にしっかりとまぶします。切込みを入れた中にも片栗粉をまぶす。
  5. 冷たいフライパンに揚げ油を入れ、火をつける前に片栗粉をまぶした鶏もも肉を入れ火にかける。
  6. はじめは、強火で沸いてきたら、中火にし、お玉で油をかけながら揚げる。
  7. 途中2~3回ほど返して中まで火を通す。合計15~16分ほど揚げます。
  8. 両面がコンガリと揚がったらバットに取り出し、油を切りお皿に盛りつけたら完成。

詳しくはこちら

まとめ

醤油ダレに一昼夜漬け込み、粉をまぶして揚げるだけの簡単レシピ

鶏もも肉の漬け置きは、2日以上は漬けこまないようにします。

2日以上つけても美味しくならないので一昼夜がベストです。

是非参考に作ってみてください。