築地の王様 訳あり ローストビーフ 1kg 牛肉 詰め合わせ 霜降り モモ肉 トモサンカク デパ地下仕様 高品質なオーストラリア産 牛モモ肉 国内加工 オードブル

ヒルナンデス|ローストビーフの作り方レシピ】
2018年12月17日放送の「ヒルナンデス」で「ローストビーフ」の作り方を教えてくれました。

話題の本「その調理、9割捨ててます。」から、栄養を逃さない「ローストビーフ」の作り方を教えてくれました。

とても美味しそうだったので、ヒルナンデスで紹介された「ローストビーフ」の作り方を忘れないようにメモしておきます。



    目次

  • ヒルナンデス ローストビーフの材料
  • ヒルナンデス ローストビーフの作り方

ヒルナンデス ローストビーフのレシピ

Sponsored Link


ヒルナンデス ローストビーフの材料

  • 牛もも肉塊
  • 70〜80℃のお湯 適量

ヒルナンデス ローストビーフの作り方

  1. フライパンに牛モモ肉の塊を入れ、弱火で肉の表面全面をじっくりと6~7分かけて焼きます。
  2. 鍋にお湯を沸かし、70~80℃くらいにする。
  3. 焼いた牛モモ肉を70~80℃のお湯(火を止めた鍋)にそのままつけフタをして毛布などに包み、1時間ほどおいて置く。
  4. 1時間後、中心まで火が通ったら完成。
食べやすい大きさにスライスし、お皿に盛り付けて、ローストビーフのソースをかけてお召し上がりください。


ポイント

高温で牛モモ肉を加熱してしまうと、肉の繊維が収縮し肉汁が外に出てしまい、栄養も一緒に外に出てしまします。

栄養を逃さないためには、70~80℃の低温調理が最適です。
低温調理することで、牛モモ肉に含まれるビタミンやアクチンという成分を肉の中に閉じ込めてくれより美味しく栄養も逃さずに調理する事ができます。

まとめ

牛肉には、タンパク質のほかビタミンやミネラルも多く含まれているため、基礎代謝を向上させる働きがあります。

基礎代謝があがると自然と体重が落ちやすい身体になりダイエット効果が期待できます。

他にもタンパク質には、免疫力を高める働きや高血圧予防にも効果があると言われています。

さらに、内臓や筋肉、皮膚を作りカラダや健康的な肌を保ちます。

そんな美容や健康に良いローストビーフを家で作れると嬉しいですよね!

スーパーなどでローストビーフを買おうとしても結構なお値段なので手が出ない事が多いのですが、牛モモ肉の塊のサイズを選べばお安い物も中にはあるので、ちょっとチャレンジしてみたくなりました。

良かったら是非参考に作って見てくださいね!

人気のローストビーフ レシピ