ハウス 海の幸カレー 中辛 120g×5個

【サタプラ|シーフードカレーの作り方レシピ(弱火レシピ)】
2019年1月5日放送の「サタプラ」で水島弘史さんが「シーフードカレー」の作り方を教えてくれました。

とても美味しそうだったので、サタプラで紹介された「シーフードカレー」の作り方を忘れないようにメモしておきます。



    目次

  • サタプラ シーフードカレーの材料
  • サタプラ シーフードカレーの作り方

サタプラ シーフードカレーのレシピ

Sponsored Link


サタプラ シーフードカレーの材料

2人分
有頭エビ(殻付き)大4尾(中6尾)
サラダ油 適量
アサリ(殻付き) 150g
酒 100g

水 150g
玉ねぎ 20g
ニンジン 10g
ディル 1枚
エビ
ホタテ
イカ
塩 魚介の総量の0.8%
トマト 100g

サラダ油 適量
玉ねぎ 80g
ニンニク 10g
薄力粉 2g
カレー粉 10g

サタプラ シーフードカレーの作り方

  1. 冷たいフライパンに海老の頭と殻を入れサラダ油をかける。
  2. 火をつけて弱火で 頭や体に入っている水分をよく飛ばすように殻パリパリになるまで約10分炒める。
  3. (しっかりと水分を飛ばすことで生臭さを消すことができます。)
  4. しっかりと殻を炒めたらアサリと酒を加えアルミホイルで落し蓋をし、弱火でじっくり火を通す。
  5. (落し蓋は密閉せずにあえて空気の通り道を作るように脇を少し開けておく。)
  6. アサリが開いたら一旦取り出し水・玉ねぎ・にんじん・ディルを加え、中火で10分煮込む。
  7. エビ・ホタテ・イカの重さを測りの重さの0.8%の塩をふる。
  8. (人間の血液の塩分と同じ濃度にすることで美味しく仕上がります。)
  9. 塩を振った魚介類をフライパンに入れ火をつけ弱火で炒める。
  10. ホタテは表面が白くなったら裏返し、イカは、丸く開き形が崩れなくなったら火が通った状態です。エビは透明な部分が白くなったら火が通った状態。約3分弱火で炒める。
  11. 魚介類は一旦バットに取り出します。
  12. 火のついてないフライパンにサラダ油、みじん切りにした玉ねぎ、にんにく、薄力粉、カレー粉を入れ 煮込んでいたエビの殻をざるでこし海鮮だしを加える。
  13. トマトを加えて10分煮込みます 。
  14. 10分後、 取り出していた魚介類を戻し入れさっと混ぜて完成。

ポイント

アサリの貝柱は加熱すると外れるので口が開いたら身のついている方を下にしてさらに加熱するとサッと貝柱が外れます。

まとめ

とっても本格的にエビの殻と頭から出汁をとったシーフードカレー!

カレーの他にもスープパスタや鍋にも応用することができます。
是非参考に作ってみてください。

この日放送された他の弱火調理レシピ