スペイン産・パプリカパウダー・ピカンテ370g(1缶)

【ゲンキの時間|パプリカのつくだ煮の作り方(紫外線対レシピ)】
2019年7月7日放送の「ゲンキの時間」で脂肪燃焼効果や血液サラサラ効果が期待できる「パプリカのつくだ煮」の作り方を教えてくれました。

とても簡単ですぐにできるレシピでしたので、ゲンキの時間で紹介された「パプリカのつくだ煮」の作り方を忘れないようにメモしておきます。



    目次

  • ゲンキの時間 パプリカのつくだ煮の作り方レシピ
  • ゲンキの時間 パプリカのつくだ煮の材料
  • ゲンキの時間 パプリカのつくだ煮の作り方

ゲンキの時間 パプリカのつくだ煮のレシピ

Sponsored Link


ゲンキの時間 パプリカのつくだ煮の材料

  • 赤パプリカ  2個
  • ショウガ 1片
  • かつお節 5g~
  • しょう油  大さじ2
  • みりん 大さじ1
  • 酒 大さじ2
  • 砂糖 大さじ1

ゲンキの時間 パプリカのつくだ煮の作り方

  1. 生姜は千切りにし、パプリカは、ヘタを取り縦細切りにする。
  2. 鍋にしょう油 大さじ2、みりん大さじ1、酒大さじ2、砂糖大さじ1を入れ火にかけ、ひと煮立ちしたら細切りにしたパプリカを入れ煮込みます。
  3. 煮汁が無くなるまで茹でたら、カツオ節を加え、良く混ぜ合わせたら完成。

まとめ

とっても簡単に「パプリカのつくだ煮」がつくれます。

赤いパプリカには、ビタミンA・C・Eが他の色のパプリカと比べて多く含まれていてビタミンAは、黄色パプリカの5倍も含まれています。

ビタミンCは、レモンやブロッコリーよりも豊富に含まれているそうです。

またパプリカのワタに含まれているビラジンという成分は、血液をサラサラにする効果が期待できます。

また、赤パプリカは抗酸化力があり、脂肪燃焼効果もあります。

そんな嬉し効果があるパプリカを使った今回のレシピ。

是非参考に作ってみてください。