【男子ごはん|ピリ辛レタスチャーハンとツナ餃子の作り方レシピ】
2019年8月25日放送の「男子ごはん」は、これまで紹介してきたチャーハン 餃子の中から特に大好評だったレシピ「ピリ辛レタスチャーハンとツナ餃子」の作り方を教えてくれました。

とても美味しそうだったので、男子ごはんで紹介された「ピリ辛レタスチャーハンとツナ餃子」の作り方を忘れないようにメモしておきます。



    目次

  • 男子ごはん ピリ辛レタスチャーハンとツナ餃子の作り方レシピ
  • 男子ごはん ツナ餃子の材料
  • 男子ごはん ツナ餃子の作り方
  • ピリ辛レタスチャーハンの材料
  • ピリ辛レタスチャーハンの作り方

男子ごはん ピリ辛レタスチャーハンとツナ餃子のレシピ

Sponsored Link


男子ごはん ツナ餃子の材料

    3~4人分

  • ツナ缶 大1缶(165g)
  • キャベツ 1/2個(600g)
  • 玉ねぎ 1/2個、
  • にんにく 1片
  • しょうが 1片、
  • 白いりごま 大さじ2
  • ごま油、酒、しょうゆ 各大さじ1.5
  • 塩…小さじ1.5
  • 餃子の皮(大判) 30枚

男子ごはん ツナ餃子の作り方

  1. 玉ねぎ、にんにく、しょうがはみじん切りにする。ツナは余分な油をきっておく。
  2. キャベツは長めの千切りしボウルに入れ塩を振って混ぜ、15分以上置いておく。
    15分後、水分がでるので水気をしっかり絞ります。
  3. ボウルに水気を切ったキャベツを入れ、白いりごま、ごま油、酒、しょうゆ、塩を加え、ツナを潰しながら入れてよく混ぜる。
  4. 餃子の皮の縁に水をつけ、中央に先ほど混ぜた具材をのせて包みます。
  5. 餃子の底に片栗粉をつけながらフライパンに並べ、サラダ油をかけて強火で炒める。
  6. パチパチと焼ける音がしてきたら水 1/2カップを入れフタをして中火で焼く。
  7. 水分が少なくなってきたら、火を弱めてごま油を回しかけ底の面に焼き色が付くまでしっかり焼く。
  8. お皿に盛りつけてレモンを添えたら完成。
キャベツを千切りにして塩もみし、水分をしっかり絞ることで、つなぎの役割を果たし具材との一体感がでます。

男子ごはん ピリ辛レタスチャーハンの材料

    3~4人分

  • 豚こま切れ肉 250g
  • レタス 1/3~1/4個
  • 玉ねぎ 1/4個
  • にんにく 1片
  • しょうが 1片
  • 赤唐辛子(小口切り) 1本分
  • ごはん 茶碗4杯分(約450g)
  • サラダ油 大さじ1
  • 酒 大さじ2
  • しょうゆ 大さじ2
  • 塩 適量
  • 黒こしょう …適量

男子ごはん ピリ辛レタスチャーハンの作り方

  1. 豚こま切れ肉は横1㎝幅に切ってから、さらに縦1㎝幅に切る。
  2. 切った豚肉に塩、黒こしょうをふり下味をつける。
  3. レタスは手で大きめの一口大にちぎる。
  4. 玉ねぎ、にんにく、しょうがはみじん切りにする。
  5. フライパンを熱してサラダ油をひき、にんにく、しょうが、赤唐辛子、豚肉を入れて中火で炒める。
  6. 豚肉の色が変わったら酒、しょうゆを加えて強火で炒め、汁気が少なくなってきたらごはん、玉ねぎを入れ ほぐしながら炒める。
  7. 全体に混ざったら味をみて塩、黒こしょうで味を調える。
  8. 味を調えたら、レタスを数回に分けて加えてサッと炒めたら完成。
パラパラのチャーハンに仕上げるポイントは、豚肉を炒めた後に調味料を入れ 調味料の水分が少なくなってから、ごはんを加えること

まとめ

是非参考に作ってみてください。