【おかずのクッキング|手打ち餃子の作り方レシピ(土井善晴)】
2019年12月7日放送の「おかずのクッキング」で土井善晴さんが「手打ち餃子」の作り方を教えてくれました。

とても美味しそうだったので、おかずのクッキングで紹介された「手打ち餃子」の作り方を忘れないようにメモしておきます。



    目次

  • おかずのクッキング 手打ち餃子の作り方レシピ
  • おかずのクッキング 手打ち餃子の材料
  • おかずのクッキング 手打ち餃子の作り方

おかずのクッキング 手打ち餃子のレシピ

Sponsored Link


おかずのクッキング 手打ち餃子の材料

    24個分

  • 植物油 大さじ2
  • 熱湯 1カップ
  • 酢、醤油、ラー油 お好みで
  • 皮の材料

  • 薄力粉 200g
  • 熱湯 110ml
  • 具材

  • 豚ひき肉 120g
  • 殻付き無頭エビ 120g
  • 卵 2個
  • もやし 200g
  • にら 100g
  • 醤油 大さじ1
  • ごま油 大さじ1
  • 塩、こしょう 各適量

おかずのクッキング 手打ち餃子の作り方

  1. 皮を作る。
  2. 薄力粉200gをボウルに入れ、熱湯 110mlを少し残し加え菜箸で混ぜ合わせる。
  3. ある程度まとまってきたら残りの熱湯をかけ、菜箸でよく混ぜ合わせ、その後 手で生地を丸くまとめる。
  4. 生地がまとまったらラップで包み常温で30分ほど寝かせる。
  5. 30分後、良くこねて 滑らかにし、25㎝ほどの長さの丸い棒状に伸ばし、その後1㎝ほどに切り分ける。くっつきそうな時は、打ち粉をする。
  6. 切った生地が乾かないように、乾いた布巾をかぶせて置く。
  7. 生地は、手で潰し綿棒で丸く薄く伸ばす。(丸くなくても大丈夫です。)
  8. 餃子の種を作る。
  9. えびは背わたを取り細かく刻む。
  10. 溶き卵に塩を加え熱したフライパンでふんわりと焼く。
  11. 「もやし」は、さっと茹でてザルにあげ塩をふり置き、冷めたら細かく刻み水気を絞ります。
  12. ニラは細かく刻む。
  13. ボウルに豚ひき肉120g、醤油 大さじ1、ごま油 大さじ1、塩 適量、こしょう 適量を入れ調味料を良くなじませたら、エビ、卵焼き、もやし、ニラを加え良く混ぜ合わせる。
  14. 出来た餃子の皮に種を包みます。
  15. 餃子を焼く。
  16. 冷たいフライパンにサラダ油 大さじ1を引き餃子を並べる。
  17. 餃子を並べたら、熱湯1/2カップを加え火をつけフタをして5~6分ほど蒸し焼きにする。
  18. 5~6分焼いたら、油を少量加え焼き色をつける。
  19. 水分が飛んだら火を止めお皿をのせ、フライパンをひっくり返し盛り付けたら完成。

まとめ

手打ちの餃子の皮は、絶品!

こんがり強めに焼くと、カリっとモチモチの餃子になります。

是非参考に作ってみてください。