【水島弘史|麻婆豆腐の作り方レシピ】
2020年7月18日放送の「サタプラ」で弱火調理で人気の水島弘史さんが「麻婆豆腐」の作り方を教えてくれました。

とても美味しそうだったので、サタプラで紹介された「麻婆豆腐」の作り方を忘れないようにメモしておきます。



    目次

  • 水島弘史 麻婆豆腐の作り方レシピ
  • 水島弘史 麻婆豆腐の材料
  • 水島弘史 麻婆豆腐の作り方

水島弘史 麻婆豆腐のレシピ

Sponsored Link


水島弘史 麻婆豆腐の材料

  • 豆腐 1丁
  • 合い挽き肉 80g
  • ネギ 適量
  • ニンニク 10g
  • 生姜 10g
  • 豆板醤 8g
  • 日本酒 30g
  • 醤油 小さじ2
  • 砂糖 10g
  • 塩 2g
  • 水溶き片栗粉 適量
  • ごま油 適量
  • 山椒 適量

水島弘史 麻婆豆腐の作り方

  1. 豆腐は、2~3㎝ほどの角切りにし冷めたフライパンに入れ、豆腐がひたるくらいの水を注ぎ、弱火で90℃まで加熱する。
  2. その後、ザルにあげて水分をきる。(輸通しすることで豆腐の余分な水分が抜け美味しく仕上がります。)
  3. 冷めたフライパンにひき肉 80gと挽肉がひたるくらいのサラダ油を入れて、菜箸でほぐしながら弱火にかける。
  4. ひき肉の色が少し変わったら、ザルにあげて油をきる。
  5. 油を切った挽肉を再度フライパンに戻し入れ弱火で火を通す。(油で ひき肉の臭みを取り除くことができます。)
  6. ひき肉に火が通ったら、再度ザルにあけ余分な油を落とす。
  7. フライパンにサラダ油 小さじ1、豆板醤 8gを入れて弱火で炒める。
  8. 香りが立ってきたら、みじん切りにしたニンニク、ショウガ、ネギを入れて、しんなりするまで炒める。
  9. しんなりしたら、酒 30gを加えて、火を強めて煮立たせアルコール飛ばす。
  10. アルコールが飛んだら、水 100㏄、塩 2g、砂糖 10g、醤油 小さじ2を入れて煮る。
  11. フツフツとしてきたら、食べやすい大きさにカットしたネギを加え、しんなりするまで煮込む。
  12. ネギがしんなりしたら、湯通しした豆腐を入れ中火の弱火にし、豆腐を崩さないよう3分ほど煮込む。
  13. 3分後、少し火を強め水溶き片栗粉をまわしいれ、とろみをつける。
  14. とろみがついたら、仕上げに ごま油と山椒をかけて完成。

まとめ

弱火料理なら焦らずゆっくりと順番に失敗なく作ることができます。

是非参考に作ってみてください。