【きょうの料理 8月17日 えびのピカタ風の作り方】
2017年8月17日放送の「きょうの料理」で大原 千鶴さんが「えびのピカタ風」の作り方を教えてくれました。

とても美味しそうだったので、きょうの料理で紹介された「えびのピカタ風」の作り方を忘れないようにメモしておきます。



    目次

  • きょうの料理 えびのピカタ風の材料
  • きょうの料理 えびのピカタ風の作り方

きょうの料理 えびのピカタ風のレシピ

Sponsored Link


きょうの料理 えびのピカタ風の材料

海老 8匹(約180g)
溶き卵 1個分
片栗粉 大さじ1
塩 2つまみ
水 大さじ1

たれの材料
煮切ったもみりん 大さじ1
しょうゆ 大さじ1
青ネギ 適量
白ごま 適量
一味とうがらし 適量

かたくり粉 大さじ1
水 大さじ1
塩 2つまみ
小麦粉  適量
ごま油 大さじ1

きょうの料理 えびのピカタ風の作り方

  1. えびの殻をむき、竹串などで背ワタを取り除きます。
    (尾から1つ分の関節の殻をむかなければ尾が外れにくくなります。)
  2. ボウルに殻をむいた海老、片栗粉、水を入れて揉みこんで海老の汚れを落とし、流水で洗い流しザルにあけ水気を切り、キッチンペーパーで拭き取ります。
  3. 水気を拭き取った海老をボウルに入れ、塩を加えて下味をつけます。
    (塩をふって揉み込むことで、プリプリ食感の海老になります。)
  4. 海老の尾の先端を少し切り落とし、海老の身のセンターに包丁で切れ目を入れ、海老を開きます。
  5. 開いた海老をバットに並べ、小麦粉をふり、全体的に小麦粉をまぶし溶き卵をつける。
  6. フライパンにごま油を引き、海老を入れフタをして中火で焼いていきます。
  7. 片面が焼けたらフタを取ってひっくり返し、フタをして焼く。
  8. 両面に火が通ったら、バットに揚げて油を切ります。
  9. ズッキーニは1㎝の厚さの輪切りにし、バットに並べて薄く小麦粉をまぶして溶き卵をつける。
  10. フライパンにごま油を引き、ズッキーニを入れ弱めの中火でフタをして焼きます。
  11. 焼き色がついたらひっくり返し、フタをせずに焼きあげます。
  12. 焼きあがったらバットの網の上に取り出し油を切ります。
  13. タレを作る。
    ボウルに、煮きったみりん、しょうゆ、白ごま、一味とうがらし、小口切りにした青ネギを入れて良く混ぜる。
  14. お皿に焼いた海老とズッキーニを盛り付け、たれをつけて食べます。

きょうの料理 8月17日 和風えびマヨの作り方は、こちら