お雑煮100選―全国から集めた伝統の味

【栗原はるみ 雑煮レシピ 鴨入り関東雑煮の作り方|きょうの料理】
2014年12月10日放送のきょうの料理で栗原はるみさんが「お雑煮(鴨入り関東雑煮)」の作り方を教えてくれました。

とても美味しそうだったので、栗原はるみ さんが教えてくれた「お雑煮」の作り方を忘れないようにメモしておきます。



    目次

  • 栗原はるみ 雑煮レシピ 鴨入り関東雑煮の材料
  • 栗原はるみ 雑煮レシピ 鴨入り関東雑煮の作り方

栗原はるみ 雑煮レシピ 鴨入り関東雑煮の作り方

Sponsored Link


栗原はるみ 雑煮レシピ 鴨入り関東雑煮の材料

2人分

合鴨(あいがも)ロース肉 1/2枚
小松菜 1ワ
はんぺん (梅形) 2枚
だし カップ4

しょうゆ 大さじ4~4+1/2
みりん 大さじ1~1+1/2
酒 大さじ1
切り餅 4コ
みつば (ザク切り) 適量
柚子の皮 (薄くそぐ) 適量

栗原はるみ 雑煮レシピ 鴨入り関東雑煮の作り方

  1. 鴨肉は薄く、そぎ切りにする。
  2. 小松菜は熱湯でサッと茹でて、冷水に入れ粗熱を取り水気を絞り、4~5cm長さに切ってさらに水けを絞る。
  3. オーブントースターやグリルでお餅をこんがりと焼く。
  4. お餅を焼いている間に、鍋にだし4カップを入れて火にかけ、煮立ったら薄く切った鴨肉を加えてアクを取りながらサッと煮る。
  5. 鴨肉に火が通ったら、弱火にして醤油 大さじ4~4+1/2、みりん 大さじ1~1+1/2、酒 大さじ1を加え軽く混ぜて火を止める。
  6. 大きめの椀わんに水気を絞った小松菜と焼いたお餅、はんぺんを入れて先ほど煮込んだ鴨肉をのせ、残った汁をたっぷりと注ぎ仕上げに柚子の皮と三つ葉をのせたら完成。

まとめ

つゆに鴨の独特のうまみが広がり、なんとも言えないおいしさの雑煮に仕上がります。

鴨肉には女性にうれしい栄養成分がたくさん含まれています。

特にビタミンB群や鉄分が豊富に含まれていて、ビタミンB群は、美肌や美髪、美爪など強く美しく保つ効果があります。
ビタミンB群は、細胞の再生、肌の生まれ変わりにとても重要なビタミンなのですが鶏肉の約4倍含まれていることが分かっているので鶏肉を食べるより効果的にビタミンB群を摂取することができます。

また、鉄分は、貧血を防止する栄養成分として知られていますが、貧血予防の他にも、顔の血色を良くしたり、コラーゲンの生成をしてくれ肌のハリを良くしてくれる美容効果が期待できます。

さらに、抗酸化ビタミンであるビタミンCやビタミンEも含まれていて活性酸素の発生や酸化力を抑え、動脈硬化、皮膚や血管の老化を防ぎ、免疫力を高めてくれます。

そんな体に良い成分を持つ鴨を使った「お雑煮」を是非作ってみてください。