味の素 やわらかとんかつ120g×10個入り  冷凍

【サタプラ|とんかつの作り方レシピ(弱火調理レシピ)】
2019年1月5日放送の「サタプラ」で水島弘史さんが「とんかつ(弱火調理レシピ)」の作り方を教えてくれました。

とても美味しそうだったので、サタプラで紹介された「とんかつ」の作り方を忘れないようにメモしておきます。



    目次

  • サタプラ 弱火調理とんかつの材料
  • サタプラ 弱火調理とんかつの作り方

サタプラ とんかつ(弱火調理)のレシピ

Sponsored Link


サタプラ とんかつの材料

2人分
とんかつ用ロース肉2枚
卵1個
小麦粉適量
パン粉 適量
揚げ油 適量
塩少々
こしょう少々

サタプラ 弱火調理とんかつの作り方

  1. 肉の脂身と赤身の間にある筋を包丁で4~5か所切り、肉たたきや包丁の腹で内側から外側へ伸ばすようにたたく。
  2. 叩いたとんかつ用ロース肉に塩、こしょうをし、小麦粉をまぶし余聞な粉をしっかりとはたき落とす。
  3. 溶いた卵をくぐらせ、パン粉を全体にまぶし、しばらくおいて衣を落ち着ける。
  4. フライパンの中に油を入れ、冷めた状態でとんかつを入れさらに上からサラダ油を注ぎとんかつが浸るまで入れます。
  5. 火をつけて衣全体が白くなってきたらひっくり返し弱火で約5分あげる。
  6. 5分後、 一度フライパンから取り出し火を強めます。
  7. 油が170°ぐらいになったら強火で60秒カリッと揚げる。
  8. 60秒たったら取り出し油を切り食べやすい大きさに切ってお皿に盛り付けたら完成。

まとめ

とんかつと言えば熱い油でジュワァッとあげると思いがちですが水島流のとんかつは、火をつけていない油の中にとんかつを入れてあげ始めるのがポイントです。

これが常識を覆す弱火調理術!

油は常温から弱火でじっくり火を入れることで美味しく仕上がります。

是非参考に作ってみてください。

この日放送された他の弱火調理レシピ