医者が考案した「長生きみそ汁」

【金スマ|ヤセルみそ汁の作り方レシピ】
2019年2月15日放送の「金スマ」で小林弘幸 先生が「ヤセルみそ汁」の作り方を教えてくれました。

とても美味しそうだったので、金スマで紹介された「ヤセルみそ汁」の作り方を忘れないようにメモしておきます。



    目次

  • 金スマ ヤセルみそ汁の作り方レシピ
  • 金スマ ヤセルみそ汁の材料
  • 金スマ ヤセルみそ汁の作り方

金スマ ヤセルみそ汁のレシピ

長生きみそ汁

Sponsored Link


金スマ ヤセルみそ汁の材料

白味噌 80g
赤味噌  80g
玉ねぎ 150g
リンゴ酢 大さじ1

金スマ ヤセルみそ汁の作り方

  1. 長生き味噌玉の作り方!
    事前に冷蔵庫で冷やした玉ねぎを、すりおろしボールに入れます。
    (ゆっくりとすりおろすと目が痛くなるのを抑えられます。)
  2. そこへ白味噌、赤味噌、リンゴ酢を加えよく混ぜ合わせます。
  3. できた材料を製氷機に入れ冷凍庫で2~3時間凍らせて完成。
  4. 長生きみそ汁の作り方!
    凍った長生き味噌玉をひとつ取り出しお椀に入れてお湯を注げば 長生き味噌汁の完成。
1日一杯の長生き味噌汁を飲むだけで、様々な病気を遠ざけ体調不良を改善する効果が期待できます。

まとめ

とっても簡単で美味しい味噌汁でダイエット効果があるのはうれしいですね!

小林先生の最強の味噌汁は、赤味噌と、白味噌を混ぜて作ること。

出汁も使わずに使わずに美味しく、ダイエット効果のある味噌汁を作る秘密は、赤味噌には糖の吸収を抑える効果があり、食事をして血糖値が急激に上がるとインスリンが過剰に分泌します 。

すると血管内の糖分を脂肪細胞に蓄えられてしまうんです。

そこで赤味噌を摂取すると糖の吸収を緩やかにし、 血糖値の上昇を抑える働きがあります。

また白味噌には、腸内環境を整えてくれる効果があり、スプーン一杯の白味噌はヨーグルト100 gと同等の乳酸菌が含まれてると言われています。

腸内環境が整うと血流が良くなり代謝が上がり余計な脂肪を燃焼してくれる効果があります。

さらに、玉ねぎと白味噌を合わせると最強の整腸剤のような役割を果たします。

玉ねぎは白味噌に含まれる乳酸菌のエサになり腸内環境が改善されます。

リンゴ酢にはむくみを取る効果があります。

むくみの原因は、塩分を過剰に摂取することで起こります。
そうすると塩分濃度を薄め用とし体内の水分が蓄えられてむくみになります。

リンゴ酢には塩分を体の外に出す働きがあります。

そのため余計な水分を溜め込まなくなり、むくみが解消されます。

ぜひ参考に作ってみてください。