吉良食品 小松菜 40g×5袋

【この差って何ですか|小松菜とちりめんじゃこの生ふりかけの作り方レシピ】
2019年2月19日放送の「この差って何ですか」で「小松菜とちりめんじゃこの生ふりかけ」の作り方を教えてくれました。

とても美味しそうだったので、この差って何ですかで紹介された「小松菜とちりめんじゃこの生ふりかけ」の作り方を忘れないようにメモしておきます。



    目次

  • この差って何ですか 小松菜とちりめんじゃこの生ふりかけの作り方レシピ
  • この差って何ですか 小松菜とちりめんじゃこの生ふりかけの材料
  • この差って何ですか 小松菜とちりめんじゃこの生ふりかけの作り方

この差って何ですか 小松菜とちりめんじゃこの生ふりかけのレシピ

Sponsored Link


この差って何ですか 小松菜とちりめんじゃこの生ふりかけの材料

  • 小松菜 400g
  • 塩 小さじ1/4
  • ごま油 大さじ2
  • 白ごま 大さじ4
  • ちりめんじゃこ 60g

この差って何ですか 小松菜とちりめんじゃこの生ふりかけの作り方

  1. 小松菜は、軽く水洗いし8mmくらいの幅に切り熱したフライパンに。ごま油を引き3分ほど炒める。
  2. 3分後、小松菜がしんなりしたら、ボウルに移し粗熱を取り、ちりめんじゃこ、白ごまを加え良く混ぜ合わせる。
  3. 塩を振り味を調えたら完成。

まとめ

骨粗しょう症予防に効果的な「小松菜とちりめんじゃこの生ふりかけ」。

食べ方は、そのままご飯にかけて食べても良いですし、焼きおにぎりの具材に使っても美味しく食べれます。

小松菜には、体を丈夫にする栄養が豊富に含まれています。

骨粗しょう症予防に効果的な小松菜のカルシウム含有量は100 g あたり170 mgも含まれていて野菜のなかでもトップクラスなんです。
特に、カルシウムが不足しがちな女性や子供には、積極的に食べてほしい野菜です食材です。

さらに、しらすには100 g あたり520 mgものカルシウムが含まれていて小松菜と一緒に摂ることでwで骨粗しょう症予防に効果的なんです。

また、しらすには「ビタミンD」も多く含まれています。
ビタミンDは、カルシウムの吸収を助ける効果があり、一緒に吸収することにより丈夫な歯や骨を作り出す効果があると言われています。

そんな、骨粗しょう症予防に効果的な「小松菜とちりめんじゃこの生ふりかけ」。
簡単に作れるのでぜひ参考に作ってみてください。