業務用 アボカドディップ サンタフェスパイシー 454g
主治医が見つかる診療所|アボカドのディップの作り方レシピ】
2019年3月21日放送の「主治医が見つかる診療所」で「アボカドのディップ」の作り方を教えてくれました。

とても美味しそうだったので、主治医が見つかる診療所で紹介された「アボカドのディップ」の作り方を忘れないようにメモしておきます。



    目次

  • 主治医が見つかる診療所 アボカドのディップの材料
  • 主治医が見つかる診療所 アボカドのディップの作り方

主治医が見つかる診療所 アボカドのディップのレシピ

Sponsored Link


主治医が見つかる診療所 アボカドのディップの材料

  • アボカド 1個
  • お好みのドレッシング 適量

 

主治医が見つかる診療所 アボカドのディップの作り方

  1. アボカドは皮をむき種を取り除きます。
  2. 種を取ったアボカドをボウルに入れフォークやマッシャーなどでつぶします。
  3. 潰したアボカドの中にお好みのドレッシングを加えよく混ぜ合わせたら完成。

スティック野菜と一緒に食べるのがおすすめです。

まとめ

とっても簡単に作れる「アボカドのディップ」。

美味しく作るためにはアボカドの見分けかたも大切です。

そこで、美味しいアボカドの見分けかたをご紹介します。

アボカドの美味しさが脂肪分にあるのですが、その脂肪分は木から収穫した時点で増加することはありません。
脂肪分が少ないアボカドを選んでしまうと美味しくないので見分けることが大切です。

脂肪分が多いアボカドを見分けるには、まず皮の張りをチェックしましょう。
艶があり、形の大きいものが脂肪分が多めのアボカドです。

すぐに食べる場合は、黒みがかったものを選ぶと良いでしょう。
しかし真っ黒で皮にシワがあるものは、熟しすぎている場合があるので注意しましょう。

購入後、数日置いてから食べる場合には、濃いグリーンのものを選ぶと良いです。

またアボカドのヘタが取れていたり、取れそうなものは未成熟のアボカドか水分が抜けてしまった物です。

アボカドは収穫してから徐々に水分が抜け、ヘタから縮む性質があります。
ヘタが取れそうなものは、水分が抜けているか成熟していない可能性が高いアボカドです。

さらにヘタがとれていたり、ヘタの周りが黒くなっていたり、空気が入っていそうだと酸化して中身が黒くなっているかもしれないので要注意です。

是非参考にしてみてください。